So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

386 世界中で暗殺毒殺虐殺があってシェイクスピアは眠れず [文芸(短歌・俳句) 時事]

    


    随想コラム「目を光らせて」NO.386「朝日歌壇・朝日俳壇から」


 


     歌壇 期間:2018.5.6.~5.27


 


    世界中で暗殺毒殺虐殺があって


                   シェイクスピアは眠れず


 


   *題 目: 朝日新聞2018.5.6 (川越市)小野長辰さんの入選作。


 


                アオウヒコ


 


1-DSC_0002.JPG

  画像:洋画家 青沼茜雲 の作品集から  49. 「丘の上の桜並木」  


            ・フランス・サロン・ドトンヌ会員


                ・英国王立美術協会名誉会員


                        ・ノルウエーノーベル財団認定作家     


               ・世界芸術遺産認定作家


                                  ・日本代表殿堂作家


 


 


                  朝日歌壇 201.0       


1-rose0007.JPG                                                  

 ★内閣と各省庁の不真面目さ気にならぬ人四割もいる


 


              宇都宮市) 水島敏雄


 


 芭蕉越えし猿羽根峠のやまざくら残雪細る谿に散りゆく


 


                (仙台市) 沼沢 修


 


 さばね峠と読むのか。猿に羽があってようやく越え得るというのか険しいこの


 


 ここに咲く山桜が雪の残る谿に、ひっそりと花びらを散らしている。芭蕉も


 


  越えた峠に私はひっそりと佇む。


 


 


   もう落ちるほかなき滝に似た水と同じ思いで乘る手術台


 


                     東京都) 橋本栄子


 


 ナイガヤラ大滝でも、崖に至る前まではなだらかな静水として推移しているの


 が、河床盤が途切れれば一瞬にして滝の水に変じ、滝壺への落下である。


 ああ、あそこからダイビングする思いですよ。 手術台に乗るというのは。


 


 


  詰問のやうな質問穏やかに答へてをられし兜太先生


 


                    前橋市) 荻原葉月


 


 金子兜太を偲ぶ在りし日の想い出。こういう一瞬、一期一会の姿を脳裏に収


 めている人の幸せ。多くの優れた人物との交流によって、人は練磨され、優れ


 人格を具えるようになる。


 


 


  ★四月十三日啄木忌に思ふこの時代閉塞感いつまで


 


                    京都市)  森谷弘志 


  


   ★セシウムが一日20億ベクレル海に漏れてる八年目の春


 


                                               福島市)  澤 正宏


                    


  世界中で暗殺毒殺虐殺があってシェイクスピアは眠れず


 


                    川越市)  小野長辰


 


  イギリスの劇作家シェイクスピアは多くの作品を世に問うたが、その多くは人


 持つ悪徳、悪業をテーマにした。当時、劇場を埋めた観衆は舞台の主役


 演じる主人公の悪徳悪業の様に熱狂したが、日常生活においては非業悪


 への反省の日々を送る幸せに恵まれた。シェイクスピアは生涯を通じて殆ど 


 悪徳を紹介し終えて自らは安眠し得たのだろう。だが、彼が示した人間の生


 規範の遵守がなされず、このところ世界で繰り返される悪業非業の様を見れ


 シェイクスピアは安眠できないのではないか。書き残した悪徳があったなと。


 


 


 ペダル踏む白き素足のピアニストグリークの協奏曲は満つ 


 


                     深谷市)  時田 清


 


  コンサートホールに登場した若い女人ピアニスト。白い素足がペダル


 踏む姿も初々しい。白い指も鍵盤に踊って、やがて、あのグリーク


 ピアノ協奏曲の旋律が佳境を迎え、ホールは満ちてくる。


 


 


  遅く来た合格通知を携えて搭乗ゲートの向こうは未来


 


               東京都)  佐藤知寧


 


 合格通知を出してきたのは日本の会社、ようやくに届いた合格通知で


  方赴任だった。だが、ありがたい。通知書を携行して空港の搭乗ゲー


 トに向かう。私にとって、あの先は未来だ。どのような未来が待ちうけ


 るのか。


 


  吸いて吐く息に栃笛鳴らしゆく鳥居峠と言う木曽の道


 


                       伊那市)  小林勝幸


 


 木曽の道というだけで、道具は揃う。口で栃笛を鳴らし鳥居峠を歩い


 いる。笛がなければ、木曽のなあー♪と声を張り上げるところだ。


 


  つばくらめ燕尾を分けて低く飛ぶ冷えしんしんと秩父長瀞


 


                  横浜市)  竹中庸之助


  


 これも金子兜太を悼む歌であろう。初夏の夏空を分けて低く翔ぶ燕。


 秩父、長瀞の景を背景にして。


 


  


    朝日壇 20113 


7-rose11.JPG




  若いのに杖が要るのかと言われたり七十五の吾が米寿の爺に


 


                三原市)  岡田独甫 


 


 悪態を吐く輩はどこにでもいる。悪態をつかれないように日頃から用


  心して身構えるしか方策はない。また、悪態をつく様な人間とは付き


  合わないことも大切。人は年取るにつれてひねくれてゆく。背も曲がる


 口先もひん曲がる。お前みたいな奴は早くくたばっちまえ。


 


 


 ★取り敢えずと庭に置かれし汚染土が四年経て今運ばれてゆく


 


                    (福島市)稲村忠衛 


 


 この惑星にたんぽぽの花が満つる頃こと座流星群が宙にあらはる                                                                       (越前市)内藤丈子


 地球がこの季節を迎える頃、天空には琴座流星群が現れるのですよ、


との天文知識をさりげなく披露する人に出会う。そのたびに吃驚もし偉


いなあと感心もする。その昔、ユーホで飛来した宇宙人が地球監視役と


して仲間数人を残して去った折の末裔たちではないかと考えたりする。


なら、宇宙に詳しいことは当然。納得できますね。 


 真夏日の飛火野のなか水辺へと冬毛の鹿が群れて過ぎる


               奈良市)宮田昌子


 真夏日を迎えた奈良の飛火野、ここにあるシカの水場めがけてまだ


が取れぬ鹿が集団で集まってくる。とりあえず水ですよ、冬毛は


そのうち、落とせばいいのだから。


 


          つづく → NO.386-2


             (2018.6.15) 



+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++ 


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        


続きを読む


nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

 386-2 やはらかにくぬぎの若葉光る枝に山蚕のいのちむすびたまへり [文芸(短歌・俳句) 時事]

                                      

       随想コラム「目を光らせて」NO.386-2「朝日歌壇・朝日俳壇から」


            


      歌壇     期間:2018.513~5.27


 
   やはらかにくぬぎの若葉光る枝に


 


                 山蚕のいのちむすびたまへり


 


             題 目: 朝日新聞2018.5.27(埼玉県)酒井忠正さんの入選作。


 


              アオウ ヒコ



1-180525薔薇三昧-002.JPG

    水彩画家 酒井 健 作品集から  180607 薔薇三昧


          


  輝きは一葉一葉にゆれてあり青葉若葉に雨ふりし朝


               〈逗子市)織立敏博


 雨あがりの朝、朝の日差しが雨に濡れた木々の一葉一葉に輝いている。


美しい緑葉が匂う。久しぶりに降ったからでもあっただろう。 


 


  ★忖度とおもねりの差は如何ばかり猫も思案の国の行く末


                                  


                   上尾市)鈴木良一


 


 


 人形は嘆き喜び怒れども頬だに動かさぬ主遣い(おも使い)


 


                (八尾市)水野一也


 


 文楽の人形遣い達。彼らの指使い操作によって、人形は喜怒哀楽の情


 


注入されて演じるその素晴らしさ。いつしか、人形使い達の存在を


 


忘れ去られるほどであるが、主役の人形を遣う「主遣い」は自らの頬


 


さえ微動もさせずに演じ続ける。その集中力おどろくべし。


 


 君生まれ君育ち君我と生き君病んで果て眠る相生


 


                (相生市)吉田晋爾


 二人(君と我)がこの世に生まれ、それぞれに育ち、結婚して共に生


 


き、君が病を得て逝去し今は眠る、長い二人のいのちの寄り添いだった。


 


 


  


 


             朝日歌 201.2


5-rose10.JPG

 


 岸の桜舞う中揚々と新人エイトは瀬田川漕ぎゆく


               (大津市)中尾博子    


 若々しい青年八人が漕ぐ新人エイト、両岸の桜舞う中、瀬田川を漕ぎくのを観ている。風景に青年の清冽さが加わり、女人の目を釘付けにして。             


   熱湯で緑に変わるカメレオン潮の香りのわかめのサラダ


           松阪市)こやまはつみ


 海藻のワカメ、これに熱湯をかければ緑色に姿を変えるところからカメレオン。この美しいサラダがいま人気だ。  


 表面は柔らかく内は凛とした人になるためヨガを深める                                                  (東京都) 上田結香


 とすると、今のあなたは表面はざらざらごつく、内も雑なる人でおすか。ヨガを深めれば、よかオゴジョになるは必定。待っておりまする。


 山林に自由は存れど家近き山除染せず帰還るに難しと


            (福島市)青木崇郎


 


唯一の被爆国なり発議して賛成すべきを「反対」と言う


 


             (名古屋市)諏訪兼位


 


 前に山思ひ思ひに山桜白山桜紅山桜


 


      (熊谷市)内野 修


 


 人、山と対峙す。見えるは山桜、白と紅との一山ヤマザクラかな。


 


 桟俵に女男の雛乗せ流したり美しけれど悲しき祭り


              (鳥取市)山本憲二郎


 


 何しろ男女相思の雛を乗せて流しびなとするのだから、最初は美しい


 束が綺麗に見えた。が流れつくところはどこ? と思えば、河原の果


 て以外にはなく、これは悲しき祭りだよ、と嘆いたのだ。


 


 


問ひ掛くる記者を振り切る大臣の中折れ帽に歪む口角


 


              (青森市)森 純一


 


「アベ政治を許さない」の文字太太と兜太のいない憲法の日に


 


                 (高松市)島田章平


 


 


 


           朝日歌壇 2018.5.27


 


            


8-rose0008.JPG

 


 


   天皇に捧げた子供と思えば 語りし祖母も五〇回忌


 


                   (名古屋市)上小路規子


 


  いつまでもゐたいと妻がいっているやうな骨壺三回忌きて


 


                   (高松市)島田章平


 


 それはあなた様の感慨でごわして、骨壺女史は「いつまでここにおい


 おくつもり?そろそろお墓に遷してもいいんじゃない」と望んでお


 れるのかもしれない。


 


 ★さもしさは保身ばかりの男達見よ初夏のけやき堂々


 


                 (名古屋市)山守美紀


 


 隠蔽とセクハラ・改竄くくりたる古紙回収の軽トラが行く


 


                 (吹田市)野々村紘一 


 


 やはらかにくぬぎの若葉光る枝に山蚕のいのちむすびたまへり


 


                  (埼玉県)酒井忠正


 


 <山蚕>の繭からとれる絹はうっすらと緑がかって、風合いも細く優


 しいと聞く。ひところは日本の財政を支えた日本の絹産業の主流「正絹」


 ではあったが、「山蚕」の風合いを愛でる文化も存続させて来たようだ。


 「むすびたまへり」の主体は雅なお方の手になる感じを与えてやまない。


 


  水張りて苗を待つ田は一面の鏡となりて白山を映す


 


                   (白山市)盛田和代


 


 白山の麓に位置する水田は既に代掻きされ、水張りされて、田植えを


 っている。その一面の鏡には白山を映し出している。


 


             (2018.6.15) 


 


 


 


 


 


 


 


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           


 


 


 





 


 


 


 


 


 


 


  


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                


 


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                   


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      


                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                     


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

385 鳥雲に入り杣びとら山に入る [文芸(短歌・俳句) 時事]



  随想コラム「目を光らせて」NO.385「朝日歌壇・朝日俳壇から」

            

       俳壇 期間:2018.02~4.29

 

 

 

     鳥雲に入り杣びとら山に入る

 

        題 目朝日新聞2018.4.2

       (群馬県東吾妻町)酒井大岳さんの入選作。  

             アオウ ヒコ

                                 

37-DSC_0029.JPG

   画像:洋画家 青沼茜雲 の作品集から  48.日本の四季「筑後路」   

              フランス・サロン・ドトンヌ会員

              ・ノーベルノルウエー財団認定作家     

              ・世界芸術遺産認定作家・日展所属

 


           「朝日歌壇・朝日俳壇から」(略) 

         朝日壇 201.4 

             

01-DSC_0008-001.JPG
山歩会 越生つつじ公園

 

 

  夜もすがら轟く富士の雪崩なる

 

           (富士吉田市) 子俣紀子

 

 冬の間に富士の嶺に降り積もった雪。春の到来とともに、あの壮大な

 

スロープを雪どけの雪崩が頻発するのか。昼間は人間どもの動きに邪魔

 

されて気付くことはないが、夜のしじまにはそれは轟きの音として聞え

 

てくる。

 

 

  お水取果つ飛火野の星の屑

 

               大阪市) 友井正明

 

 今年も、春のお水取りが盛大に執り行われた。漆黒の闇に弾ける火の

 

粉をふりまいて大松明を抱えて降りる東大寺2月堂あたり。あれは奈良

 

の飛火野の空に見える星の屑のようでもありました。

 

 

  初蝶のどこに隠れてゐたのかと

 

            阿南市) かつせ千津

 

  まだ寒さの残る早春の山野や町の角々でふと見かける初蝶。思わず感

 

じるのはどこかでひそと越冬していたんだな。キャベツに産み付けられて

 

、青虫となり、蛹から成虫となる過程を経るにはあまりに早すぎる。

 

 

  此処かしこ桜大樹や西行忌

 

          多摩市) 吉野佳一

 

  逝くならば、滅するならば、桜大樹の元ならで、と西行が願った大

 

樹の桜をあちこちで見かけるようになりました。

 

 

  日と月と白さを競ひ昼の蝶

 

              稲沢市) 杉山一三

 

  この世の昼夜に明るさを齎してくれる日と月。その白さを競い合うように飛ぶ

 

の蝶の白。際立ちますよね。

 

                          

04-DSC_0024-001.JPG

 

 

  三月や記憶の中に死者生きる

 

           東京都) 縣 展子

 

 これは、まだ、金子兜太への追悼句でしょう。まだ、亡くなられて間

 

もなく、記憶の中に活き活きとして生きておられる。

 

 

  残されし人のあはれや花の頃

 

                 愛西市) 小川 弘

 

  人はいつの季になくなるかはわからない。しかし、残された人にと

 

っては、花の頃に人が身罷れるは何かと鮮烈で、忘れがたい想いに包

 

れることになります。

 

 

  鳥雲に入り杣びとら山に入る

 

          群馬県東吾妻町)  酒井 大岳

 

 日本で冬を過ごした渡りの鳥が、春の到来とともに再び異郷の地へ旅

 

立つ頃となる。山野の恵みで暮らしを立てる杣人達は、春を迎えた山に

 

仕事をせんと分け入ってゆく。愛妻に先立たれて以来、作者は自らを囲

 

繞する自然物の中に亡き妻の存在を見出して、その交流を句作に残し続

 

けたが、この句の雲に入るの鳥に愛妻を背負わせてしばしの別れを託し

 

、自らも、杣人の一人として独立の気概を持たせての生活を宣言してお

 

られるようでもある。

 

 

   春の夜や虚子命名の酒を酌む

 

                  松原市) 西田鏡子

  

 そう言えば俳人、歌人の正岡子規は名は常規(つねのり)別号は獺祭

 

(だっさい)だったか。いつの頃からか、大吟醸酒として「獺祭」ブラ

 

ンドが登場、日本酒業界に名を成さしめた。虚子が存命中に命名したか

 

どうかは別として、首相が前米国大統領オバマ氏をこの酒でもてなした

 

時、オバマ氏は「これは旨い」と感嘆したという。

 

       

   朝日俳壇 201.4.8        

02-DSC_0012-001.JPG

              

 

  西行の立ってゐそうな山桜

 

          (大和郡山市)宮本陶生

 西行は吉野の山を山桜でいっぱいにしようと,数多い山桜の苗木付け

 

に献身的に奉仕したと伝えられる。

 

いまでは、日本で「桜」といえば染井吉野であり、今の吉野にもこれが

 

殖えられているが、西行の時代の桜は山桜であり、吉野の山々のを彩る

 

桜は「山桜」であり、大きく育った吉野の山桜の傍に立てば、かの西行

 

が傍らに立っているような思いにとらわれる。

 

 

  菜の花の花粉にまみれ浅間山

 

           (熊谷市)内野 修

 

 浅間山には軽井沢に出かけた折に、幾たびも脚を運んだので親しみ深

 

いが、浅間山は常時噴煙を上げており、過去の火山爆発の遺構や噴石が

 

示す、男性的なイメージが先立ってならない。鬼の押し出しは1783

 

年の大噴火の際にできたが、浅間山一帯は上信越高原国立公園に指定さ

 

れ、ここには高原を彩る草花の開花が見事そのものであるらしい。浅間

 

のどのあたりだろうか、菜の花の大群落が黄色の花粉を放出し、それに

 

塗れる浅間山もなかなかですよと言うのは。

 

 

  大空はひとりにひとつ卒業す

 

             (東京都)土方けんじ

 あなたは学生さん。小学校、中学校、高校、大学、この辺までの学校

の課程を終えて今日めでたく卒業した。校庭に出て、空を見上げる。見

事に青に染まった空が果てしなく広がる。何人の学生が巣立つのか。こ

の大空は、一人一人の学生にそれぞれ一つづつ準備され、与えられてい

る。学生諸君!大きく羽ばたき給え。君の大きな将来図をあの青空に自

由に描き給え、としている。

 

  狼と兜太の故郷旅したき                                                             

           (川口市)青柳 悠

 あの兜太を生み出した故郷はどんなところか。あの作風とそれを生み

出した土性骨ともいうべきものに旅をして触れてみたい。 

              

05-DSC_0028-001.JPG

  卒業証書丸めて覗く未来かな

              東京都)吉田かずや

 卒業証書、それは平らな紙にあなたの氏名と過去数年間の学業過程終

了を告げる言葉が書かれており、それを証する校長の氏名と印形が捺し

てある。生徒は一人ずつ名前を呼ばれて校長の前に立ち、この証紙を押

し頂くようにして手渡される。もう、もらったら私のもの、くるくると

巻いて望遠鏡のように外界を見てみる。極小の視野ではあるが、あなた

の未来図がほの見えて来るという次第。学校よ、さようなら。

 

  太く濃き兜太の一書あたたかし

 

              (茅ヶ崎市)清水呑舟

 

 これも兜太追悼句の一。安倍政権の愚をデモ行進で訴えたときのプラ

 

カード用に墨書したもののようだ。

 

  

  梅咲いて庭に兜太の句が確と

           (倉敷市)森川忠信 

 これも兜太追悼句の一。春がきて、梅の花が咲く庭をみれば、兜太の

句が確と存在することです。

 

  初蝶の青信号を渡りけり

          (玉野市)加門美昭

 初蝶に見参するときは庭から庭へ、高きから低きに、力強い飛翔を

せるが、街中でも、おっ初蝶じゃないかと空を見上げることがある。そ

れも、偶々街中の交差点で青信号の時に初蝶が渡り行くのを見たようだ。

 蝶は自動車とは違って 宙空路線を自在に渡り行く自由を持っている。

何を好き好んで青信号を見て渡るものですか!と蝶は反発し「なんなら

赤信号の時に渡りましょうか」と言うに違いない。

 

  紅梅も薄紅梅も競ふ彩        

         (堺市)徳澤彰子

 この俳句。句を読み進むだけでそれぞれに競う彩のいのちの世界に引

き込まれる。紅色も薄紅色もそれぞれに自らの彩を良しとして競い合っ

ている。それぞれに美しい。 

              

03-DSC_0017-001.JPG

             山歩会  つつじ公園 藤棚

 

       つづく  → NO.385-2

 

                 (2018.6.1)

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                            

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

385-2 若鮎の宙より落ちてまた跳べり [文芸(短歌・俳句) 時事]


 随想コラム「目を光らせて」NO.385-2「朝日歌壇・朝日俳壇から」

     俳壇 期間:2018.4.15~4.29

    若鮎の宙より落ちてまた跳べり

       題 目:朝日新聞(2018.4.22

        (神奈川県松田町)山本けんえい さんの入選作。

180501 Iris.jpg              

       酒井 健 の 水彩画 アイリス 180501 

                 

              アオウ ヒコ         

   朝日俳 20115 

17-DSC_0087-001.JPG
        1808 春バラ aou hiko 
                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

  花明り黄泉に紛れてしまひけり                                                                 

            (大阪狭山市)神郡一成

 満開の桜が夕べを迎えると、しばらくは花のいのちのちからで明るさ

 

を保つ、実に貴重な数刻「花明り」がある。だが、次に控るは広大な

 

夜の闇の世界「黄泉」だ。すぐに紛れてしまう。

 

 

 

  兜太悼む句の並びたる彼岸かな

 

             飯塚市)釋 蜩硯 

 今年の彼岸は特別だった。金子兜太が逝去して、その死を悼

む句がずらりと並んだ。私もその一つに加わった。

 

  かたくなに汚れ汚れて残る雪

 

           (札幌市)前田豊作

 

 そろそろ降ってもよさそうにと待たれる雪。降れば初雪、新雪、降り

 

れば深雪、大雪。融けてくれれば融雪、融けず残れば根雪、残雪。

 

いつまでも黝ずんで汚れが目立つ雪はだれにも歓迎されず、道の隅で見

 

捨てられたままのおゆき(汚雪)さま。

 

 

 

  農継ぐと決めしや次男麦踏めり 

            

            (神戸市)日下徳一

 

 おや、次男坊が麦踏に出たらしいな。農を継ぐと決心したらしいよ。

 

そんならそうと言ってくれればよさそうなもんだに。いやいや行動をも

 

って意思を示すってやつじゃよ。嬉しいことだ。こんな朗報は久々だ

 

う。今夜あたり、お祝いの席を設けねばなあ。

 

 

 

  春愁や妻の逝きたる部屋に覚め

 

            (長岡市)長谷川回天

 

 冬が過ぎて暖かい春が来たというのに、今朝目が覚めたのはつい先日、

 

妻が死去したその部屋でだった。誰もいない。人の声がしない。なんと

 

も、気分の乗らない思いが漂う静かな朝であることか。

 

 

 

  枝は地に花は天まで大桜

 

          (流山市)荒井久雄

 

 桜の下枝は地を被いつくすように低く伸び、桜の主幹は花を纏うて天

 

にまで延びる。凄い大桜に遭遇した日。

 

 

 

  雪嶺の神々しさも信濃なる

 

            (藤沢市)青木敏行

 

 私が住むは信濃。四季を通じての変化の美しさ、快適さに加え冬から

 

春には遠望する雪嶺の神々しさはいうことなし。なにしろ信濃だもんね。

 

 

 

  行く春や狼哭き鮫の目は泪

 

         (石川県能登町)瀧上裕幸

 

 なんとも、有職故実に詳しく、先輩連の作品にも通じる才豊か人溢

 

れる日本。言葉を自在に兜太逝去を悼む。「行く春や鳥啼き魚の目に泪」

 

(芭蕉)を踏まえて。

 

 

  虚子忌来て朝日俳壇日曜へ

 

           (横浜市)御手洗ゆきを

 

 これは朝日歌壇・俳壇の掲載日が従来の月曜から日曜に変更になった

 

ことを知らせるニュースだった。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                  

 

       朝日俳壇 2018.4.22

       

09-DSC_0049-001.JPG

 

 

   輪郭のみな失せてゆく朧の夜

 

             (小樽市)遠藤嶺子

 

 朧、おぼろ。春の季語。薄く曇るさま。ぼんやり。ほんのり。朦朧。

 

(広辞苑)。北海道に住む人にしか、この現象は知覚しえないのか。

 

これによく似た現象として「夜霧」がある。「夜霧よ今夜もありがとう」

 

に歌われている夜霧の視界遮蔽力は抜群、二人の仲を完璧に隠してくれ

 

る。だが、朧は局所的視界の遮蔽ではなく、物や記憶をぼうーと、はっ

 

きりしないさまにもっていく。朧は事象が周りの輪郭からぼやけていく

 

というから、恐ろしい。

 

 

 

  人惜しみ落花惜しみてゆく歩み

 

          (島根県邑南町)服部康人

 

 

 人が亡くなりこれを悼む。桜の花が落ちるのを惜しむ。これらの歩み

 

はすべて時の歩み。人はこれに抗うことはできない。

 

                 

  囀りに万の蕾の語り初む

 

          (柳川市)木下万沙羅

 

 春と共に小鳥たちの囀りが木々の枝で聞かれるようになる。それを春

 

の到来と聞くのか、木々の奥に隠れ潜む万の蕾たちが動き始める。われ

 

らの出番ぞよと。

 

 

  兜太亡き虚空を流れ春の雲

                     

           (調布市)川井政子

 

 春が来て、空には春の雲が流れていますが、なんとも虚ろで寂し

 

い思いにとらわれております。金子兜太追悼句。

 

 

 

  若鮎の宙より落ちてまた跳べり

 

        (神奈川県松田町)山本けんえい

 

 友釣り仕掛けに掛かった若鮎が鮎竿のしなりで渓から離れ、宙を飛ん

 

で釣師のたも網に飛び込んだ。勢い余ったのか、若鮎の力が勝ったのか、

 

一旦タモに収まったかに見えた鮎は、たも網から跳ねて渓に落ちた。

 

 さて、その先はどうなったか、杳としてわからず。

 

 

  羊頭の自由と民主霾(つちふ)れり

 

               (川崎市)多田 敬

 

 

  今もなほ鉄のカーテン鳥帰る

 

            (札幌市)渡辺健一

 

 

 

  汝も吾も桜吹雪の中にをり

 

            (熊本市)寺崎久美子」

 

 二人で桜を観に行った日。突然に桜吹雪に見舞われた。圧倒的な桜花

びらが風と共に二人を包み込んだ。なんと晴れがましく、息のつけぬよ

うな場に居合わせたことか。この経験、二人にとっては瑞気そのもの、

幸せを呼び込む思いでお互いを見つめ合った。

 

  北国に花の吉野をなつかしむ

 

            (北海道音更町)信清愛子

 

 数年前に初めて吉野地方を訪れ、花の吉野を楽しんだ。それまでは、

 

九州と東京の染井吉野で済ませていたから、山桜の吉野のなんと新鮮で

 

あったことか。北海道居住の人も山桜の吉野の経験を積まれたようで、

 

その懐かしさは尋常ではありません。

 

      朝日俳壇 2018.4.29

12-DSC_0067-001.JPG



  血みどろの平和憲法記念の日

            

         (福島県伊達市)佐藤 茂

 

 

  菜の花の色の月浮く菜花畑

 

           (稲沢市)杉山一三 

 

 この句は、色彩の黄を中心に作られている。菜の花燦讃、菜の花畑。

 

お月様も菜の花色の黄に化してしまっている。



  春来忌即ち兜太の平和主義

 

           三郷市)岡崎正宏

 

 早々と兜太の忌の呼称が決まったようだ。春来忌か。金子兜太が年来

 

の念願を人類の平和主義に合わせて貫いてきたことからも、未来にかけ

 

て春来たるの忌はぴったりであろう。

 

 

 

  ★戦争の長き影ある昭和の日

            

           (倉敷市)森川忠信

 

 

                 

26-DSC_0131-001.JPG
アルペンブルー

 

 

  行春を惜しみて命惜しみたる

        

            (神戸市岩水ひとみ

 

 ああ、ことしの春も過ぎてゆきましたね。それに、この春にはあの方

 

のお命もなくなってしまいました。この春、多くのいのちが亡くなられ

 

た人への心からの追憶と愛惜の情をお伝えいたしたく。兜太追悼の句と

 

しても。

 

            (2018.6.1)

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

384 膝を病む子羊は群れに遅れつつ誘導犬に見守られ行く [文芸(短歌・俳句) 時事]

 

                                      

   随想コラム「目を光らせて」NO.384「朝日歌壇・朝日俳壇から」

            

     歌 壇 期間:2018.02~4.29

 

 

    を病む子羊は群れに遅れつつ誘導犬に

 

  見守られ行く



  題 目:朝日新聞2018.4.8

       (ドイツ)ハルツォーク洋子さんの入選作。  

              アオウ ヒコ

                 

47-DSC_0019.JPG

       画像:洋画家 青沼茜雲の作品集から  47. 「春らんまん」

              フランス・サロン・ドトンヌ会員

              ・ノーベルノルウエー財団認定作家     

              ・世界芸術遺産認定作家・日展所属

 

 


   

      「朝日歌壇・朝日俳壇から」 (略)

 

         朝日歌壇 201.402 

               

1-IMG_1002.JPG
 

 

 

 素のままのわれで居られるパートナー生きてこの世に

 

 いるという幸

              (仙台市) 沼沢 修

 

 気取ることもなく、地のまま、素のまま二人でいられることの幸せ

 

何たる幸せ。

 

 

 ★国民を守る政治が国民をだましてまでもまもるはなにぞ

 

                    下関市) 乗安 勉

 

 

 ★強権で妻とおのれを守る人これも一つの愛のかたちか

 

               駒ケ根市) 伊藤邦彦

 

 

 ★長官は辞任し部下は自死するも確定申告に人ら列なす

 

             長野県) 小林正人

 

 

 

 マイク手に秩父音頭を独唱の白寿間近のあの日の兜太

 

             東京都) 大久保やそじ

 

 まだ、金子兜太への追悼句がつづく。そうか、マイク手に秩父音頭を

 

熱唱されたか。

 

 

 ★線量の無き様にある山桜忘れはしないが知らぬ振りです

 

                     さくら市) 大場公史

 

 

  わが産声聞きしは若きわかき母沈丁花ひらく喜寿迎う朝

 

                  枚方市)  鍵山奈美江

 

 私の呱々の声を聞いた時の母は本当にぴちぴちの若い頃よ。あれから

 

何年、幾歳月が過ぎた今朝、母は沈丁花の香りの中に喜寿を迎えようと

 

している。

 

        

    朝日壇 201.4.08

2-IMG_1003.JPG

               

 

 ★表示板に<反対2票>光りおり国家主席の任期撤廃

 

                (八尾市)水野一也

 

 もうこれで鳴らない電話を待たなくていい君にさよなら告げ

 

 た春

                (八幡浜市)大下まゆみ

 かつては「あらまた!さっき切ったばかりじゃない」と熱烈交信の日

々だったが、いつの間にか、鳴るのを待ちわびる日々に転じた。この春、

君にさよならを告げたので、しばらくは鳴らない電話を待つことはない。

 

 冷酒を真夜の厨に立ち飲めばかちりかちりと砂吐く蜆

 

              (日立市)加藤 宙

 

 頭が冴えて寝付けない。台所に行き冷酒の立ち飲みに及ぶ。

 

浅い鍋に水を張り、蜆を漬けて砂を吐かせている。蜆は二枚

 

帆を開き、その合間から水管に水を含ませピューと吹き出す時

 

に砂を随伴させる仕掛け。真夜の冷酒飲みの耳には「かちりか

 

ちり」と音がするという。新鮮な表現であることに当方も「か

 

ちり」と来た。

 

 

 唐突に進行性だと友は言い減らぬパスタと渇いた唇

 

                (千葉市)牧野弘子

 久しぶりに友に会う。食事でもとカフエに寄ると「進行性なの」と言

ったきり。運ばれてきたパスタも一向に減らず、生色の無い顔には渇い

た唇がやけに目立つ。慰めようがなく黙りこくる私。

 

 ★忠実に上司を守る部下の背に責任被せ呼び捨てにする                                             

            (高松市)島田章平

 

 生まれたる妹に母を貸すと言い兄となりし子は野へ

 駆けてゆく        (福島市)高橋啓子

 それまでは美しい母の愛を独占して已まなかったが、妹が生まれてか

らというもの、そうもいかないことが追々判って来る。兄貴の貫禄を示

さざるを得ない瞬間でもあるが、野へ駆けて行く兄の心は傷心そのもの、

「妹は許せない」と咽び涙ぐんでいる。

 

 膝を病む子羊は群れに遅れつつ誘導犬に見守られ行く

 

           (ドイツ)ハルツォーク洋子

 

 ドイツの草原の牧羊風景の一が紹介されている。羊の群れに従いてゆ

 

くのがどうしても遅れがちになる膝を病む子羊。後になり、先になって

 

それを気遣う牧羊犬。弱者を気遣う健常者の存在を示すヨーロッパ社会

 

の気概が示されている。

 

 ★財務省の暗きニュースを読みし後野良に出て聴く

 囀るひばり     (伊那市)小林勝幸 

                  

 きのふまでその気配なく群れゐしに鴨は夜明けに北へ発ちた

 り            (ひたちなか市)篠原克彦

 渡りの鴨が日本での居留を終えて再び渡りに転ずる季節になる。

に住む日本人は、いつ頃旅立つのかと気になるらしい。日本へ

 昨日まで、何かと騒がしかった湖面が今朝はひっそりと静かだ。夜明

けに北へ渡りおった                   

 ★森友が諸共だった日の写真昭恵夫人の不覚の笑顔

           (下関市)牛島正行

 

 ケンカした朝はそれぞれ犬にだけ声かけをして職場に向かう

           (佐渡市)藍原秋子

 共働きの二人。昨夜ケンカをしたようだ。家を出るときに、どちらも

犬にだけは声をかけてそれぞれの職場にでかけた。帰りにはどちらも

「お帰り、ただいま」がもどっていることだろう。

                                       

 石垣はコンクリートで固められもう何年も蛇を見てない

             (西宮市)佐竹由利子

 俳句の世界では冬と春の季の季語として「蛇」が欠かせない。短歌の

世界では季語のきまりがないので、蛇が登場することは少ない。昔の垣

根は玉石小積から今やコンクリート固めへ変化しているので、蛇が潜り

込む穴が少なく、春時、蛇を見かけることが少なくなった、とぼやいて

いる。

 

 キラキラが並び入学待つ名簿「子」の付く子ついにゼロと

 なる春          (鎌倉市)半場保子

 日本人の名前も、かつての太郎、花子に代表される昭和の名前の面影

いずこで、男女共に、キラキラ名が目立つようになり、特に今春入学を

待つ名簿から女子の名には「子」のつく子ついにゼロとなるという報告

である。

 

 ★参政権もたねど楷書で名を書けり改憲ノートの署名用紙に

 

             (大阪府)金 忠亀

 

   つづく  → NO.384-2

 

 

           (2018.5.15)

 

 

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                             

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

384-2 もつれ合いくるくる回る天狗蝶滝は光りてゆっくり落つる [文芸(短歌・俳句) 時事]


 

  想コラム「目を光らせて」NO.384-2「朝日歌壇・朝日俳壇から」

  歌壇 期間:2018.4.15~4.29

    もつれ合ひくるくる回る天狗蝶

       滝は光りてゆつくり落つる

 

   題 目:朝日新聞(2018.4.15

            (熊谷市)内野 修さんの入選作。

7-180406Tulip.JPG
酒井 健の水彩画 7-180406 Tulip

                       


                 アオウ ヒコ    

   朝日歌 20115       

5-IMG_1007.JPG

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  あんなにも平和愛せし兜太氏が小林多喜二の忌に逝き給ふ                                                                 

                 (成田市)神郡一成

 早朝のラジオで、「今日は何の日」という短いお知らせを伝えている。

 

それに耳を傾けながら、「へえーそうか」などと追憶している自分がい

 

る。作者は兜太逝去の日と同じ日に身罷った有名人を探しているうち、

 

小林多喜二のそれに出くわした。反骨精神旺盛なところが共通している

 

な、と思ったのだろう。

               

 

 ★総理いかにと答弁迫る議員越しのけぞる議員目薬を注す

 

            登米市)菅原小夜子

 ★ちまちまと新聞記事の後追ひをする国会の野党ぞ悲し

 

            高松市)島田章平        

 ★戦争はそこに立ちおりその前に薔薇色をした絨毯敷くな

 

          (ひたちなか市)十亀弘史

 

 

 

 もつれあひくるくる回る天狗蝶滝は光りてゆっくり落つる

 

             (熊谷市)内野 修

 

 

 これは独立した二つの事象を単一な背景の中に、それぞれ異なった時

 

間の推移の中に見事にまとめている。2匹か3匹の天狗蝶がじゃれ合い

 

ながら、やや速度を上げてくるくると、一方の滝は光を受けながらゆっ

 

たりと落下してゆく。透徹した観察眼が生きる自然詠。

 

 

 

 つぼみには今年の春が入ってるハクモクレンの手のひらの中

             

            (奈良市)山添聖子

 

 成長したハクモクレンは比較的高い枝に花をつけるため、蕾だけが単

 

独でぼてりと墜ちることはまずない。だから、ハクモクレンの蕾を手の

 

平にする機会はほとんどない。もし、あるとすれば、強烈な霜に焼かれ

 

て、蕾も花も褐色に変じた春の朝であろうか。

 

 だが、その蕾は純白ではないから、その蕾に今年の春が詰まっている、

 

と感じることはなかろう。高枝切鋏の出番があれば別だが。

 

 

 定年のわれが泣かれてハグされて「先生細い」と笑われて

 

 いる

            (佐渡市)藍原秋子

 

 

 お仕事一途に勤められて、お仲間に愛されて定年の祝いの日が来た。

 

お仲間に祝われて、泣かされて、ハグされて、挙句の果てに「先生細い

 

よ」で皆の哄笑が来た。あゝこの和気藹々。みなさんどうもありがとう。

 

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

      朝日歌壇 2018.4.22

 

            

4-IMG_1009.JPG

  浪人しようやくむかえた入学式敬語で話す同級生おり

 

            (東大阪市)大野聖子

 

 

 同期の桜であるはずなのに、私の貌に浪々の色漂うのを聡くも感じた

 

のか、入学式の顔合わせの時、私は敬語をもって話かけられた。現役パ

 

リパリで入学してきた秀才女が放つ、極上のオーラ、差別語であったか

 

もしれず、当方にっこりとこれを受容。「ああ、あなたに会えてほんと

 

によかった。これに勝る幸せはありません。」

 

 

 ★妻に代わり答える首相のアップ見る「女性の活躍」どこか

 

 空しく

             (浜松市)古橋妙子

 

 

 川堤おほふ菜の花四、五本を摘みて川守り地蔵に供ふ

 

            (ひたちなか市)篠原克彦

 

 川堤を被ういちめんなのはなを四,五本摘んで川守地蔵にお供えしま

 

した。洪水が堤を越えませぬように、川に流されたときは、しっかりお

 

助けめされるように。なにしろ、私は飛び切りの金槌野郎でありますか

 

らに、どうぞ末永くお忘れなくと。

 

                 

   ★森友・加計があれども支持率四十で何か怖いなこんな日本

 

               (徳島県)一宮一郎

 

 ★真相を語らぬ人と語らせぬ人たちがいて闇深くなる

                     

            (埼玉県)島村久夫

 

 ★国民を欺いてまで守りたいものについては誰も語らぬ

 

          (筑紫野市)二宮正博

  

 

 しゃがみこみ幼児は拾ふはな子亡き象舎の前に散りし花びら

 

           (三鷹市)増田テルヨ

 

 

 おばあちゃん、ここに象さんの花子がいたのよね。長いお鼻をぶら下

 

げた象さん、花子が。あの時も、桜の花が咲いていましたね。ちっとも

 

変わらずに桜がさいてる。あのときも、さくらの花びらを、こうしてし

 

ゃがんで拾っていましたね。 

                

 

  花びらののる天皇の背にそっとふれる皇后の春の指さき

 

            (安中市)鬼形輝雄

 

 

 東宮御所のさくらどき。お二人はさくら花散るお庭へ出て、目を細め

て歩ませらる。天皇の背広の肩に、いつしか桜のはなびら数片がひっ

りと載り、これに気づいた皇后は天皇に近づき、手を伸ばし、指が背

にそっと触れる。気付いた背の君が申される。「なにか付いている?」

「いえ、花びらがいくつか、すこし」「ふりかかっている」「ええ、重

くはないでしょうけれど」「猫背が受けているのか。じゃ、ぐっと背伸

びをしましょう」いつもながらの、あいあわれむ、にこやかなお二

散策。

      朝日歌壇 2018.4.29   

3-IMG_1005.JPG



  茶をたてて心鎮める武士のごと音無き風聴く初登攀まえ

 

              (アメリカ)大竹 博

 

 大事に臨むには心を鎮めるの儀式があらまほしいと。かつて出陣前の

 

武士は茶をたてた。高山への初登攀前のアルピニストは、耳を澄まし音

 

無き風を聞く。いずれも大事成就にとって欠かせぬ要諦である。

 

  花筏分け泳ぎゆくかいつぶり水尾はたちまち花びらに閉ず

 

          チエコ)クロウスカー美莎子

 

 

 花筏が湖面一杯を埋め、鳥やボートが落ちた桜花びらで埋め尽くされ

 

る場所と言えば、東京で言えば、千鳥ヶ淵公園のボート場であろうか。

 

チエコにもこの同等の景色が見られる湖はどこかと詮索するよりも、チ

 

エコ在住の作者がこの4月、日本を訪れてこの歌を詠んだ、とする方が

 

早いようだ。

 

 

 女児の名にその一文字を与えたき〈梨〉の花咲く真白に

 

 ましろに        

            (さいたま市)伊達裕子

 

 

 漢字、特定な思い入れのある字。その極は自らの児や子の名にその字

 

を使いたいとするようだ。ここでは〈梨〉の字への思い入れがいっぱい。

 

 

 ★善人の沈黙それが最大の悲劇とキング牧師は言った

           

            (館山市)吉良康矢

  

 ★忖度の次は改竄隠蔽と画数ふえて闇深まりぬ 

           

            (横須賀市)小知和弘子

 

 

 

 伊那節を歌ふがごとく権兵衛峠を越えさりゆけば花の木曽谷

 

             長野県千葉俊彦

 

 地元の地名、愛着のある場所への限りない愛好はとどめなしである。

 

古くから歌われている伊那節を口ずさみながら権兵衛峠を越えれば花

 

いっぱいの木曽谷にさしかかる。

 

  

 ものを食う児らの優しさ愛しさを見ており入学初日の朝餉

 

              伊那市小林勝幸

 

 結婚から出産、幼児の成長は小学校への入学で一区切りがつく。入学

 

初日の朝食の膳で食事をする子等の優しさ愛しさを目を細めて見ている。

              

 

 ★「七年がすぎたのですね」「七年も続いているのです」

 

  積む廃棄物

           (横浜市)細野八重子

 

             (2018.5.15)       

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                 


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

383-2 俯瞰して紅白梅の谷浄土 [文芸(短歌・俳句) 時事]

                                                                                                                    

 随想コラム「目を光らせて」NO.383-「朝日歌壇・朝日俳壇

 

     俳壇 期間: 2018.3.19~3.26

 

 

 

      俯瞰して紅白梅の谷浄土

 

    

 *題 目: 朝日新聞 2018.3.19 (藤沢市)小田島美紀子

 

 

 

2018Mognolia.jpg

                                 

            酒井 健の水彩画  2018 Mognolia

 

 

    

****************************************************************

 

     朝日俳壇 2018.3.19

DSC_0126.JPG

   白梅に我が慟哭や兜太逝く 

           (船橋市)斉木直哉

 肉親ならぬ人が死しても滅多に「慟哭」に及ぶことはないのが普通

だろう。だが、この作者の場合は、自らの作品の深奥を巡って兜太との

度々のやり取りと親身な指導を受け、心底からの私淑の関係にあったと

いう。ならば、白梅の咲く早春に、師とも仰ぐ人の死に「慟哭」が随伴

したとしてもおかしくない。さぞや無念であったことだろう。

 

    生き物の春よ兜太のこころざし 

          (長野県川上村)丸山志保                 

 春到るとともにすべての命が躍動する。兜太のいのちをつたえるかの

ように。(兜太追悼句)

 

    春の雪兜太を食べてしまいけり

                (一関市)高橋悦朗

 今年の雪は例になく深雪でした。その積雪も春が来てみるみる融けて

しまいましたが、兜太もいなくなりました。食べちまったのですかね。

                        (兜太追悼句)

    冷え切った朝刊兜太の選の無し

             (姫路市)山崎ゆみ子」

 例のごとく今朝も寒いうちに朝刊取りにでたのですが、兜太の選はあ

りません。唯一願いの私の名掬いもなく、寂しい朝でした。

                   (兜太追悼句)

 

    兜太逝きもう永遠に無き兜太選

          (千葉県東圧町)星 美愉

                    (兜太追悼句)

 

    雪富士の鮮烈白寿の兜太のようだ

             (交野市)西向 聡 

                  (兜太追悼句)

    三月や評も形見の兜太選

         (寝屋川市)木村美智子

               (兜太追悼句)

 

     梅しろし一句宝の兜太選

       (埼玉県上里町)吉野ミヨ子

               (兜太追悼句)

 

    幻の狼の来て兜太逝く

           (小諸市)小泉博夫

                (兜太追悼句)

                  

    梅の下兜太の青鮫集まれり

           (一宮市)岩田一男 

                (兜太追悼句)

 

    ラグビーのような生涯兜太逝く

             (横浜市)飯島幹也 

                  (兜太追悼句)

    兜太逝く狼の群引き連れて          

          (東京都)奥村喜代子 

               (兜太追悼句)

 

    雉子鳴くや兜太の系譜絶やすまじ

              (高岡市)野尻徹治

                  (兜太追悼句)

 

     突然に白寿の春を待たずして

            (大村市)小谷一夫

 本当に、卒然として逝かれてしまいました。もう少しで白寿の春が参

りましたのに。 (兜太追悼句)

                

     雛の間時間止まってをりにけり

             (岡山市)伴 明子

 ふと、雛を飾っていた座敷に、障子を引いて入ったのです。緋毛氈の

段飾りにそれぞれの雛たちが静かに座しておりました。その時、感じた

のです。雛の間の時間が止まっていたことを。人が見てやらねば、雛た

ちは華やげるいのちのかんばせで接してはくれないのだと。

 

     俯瞰して紅白梅の谷浄土

          (藤沢市)小田島美紀子

 城か山の高みから俯瞰して下の谷を見れば、紅梅白梅の林の谷がぼう

っと翳んで見える。あたかもあそこが浄土であるかのように。

 

     木の芽吹く森のささやき始まりし

              (福山市)信清愛子

 落葉樹は寒い冬の間、すべての葉を落として眠りにつく。春が来て

木の芽が動き始めると、とたんに森の囁きが始り、山は笑い始める。

  

 ****************************************************************         

      朝日俳壇 2018.3.26

DSC_0128.JPG


                                                                  

    遠嶺の名残の雪や兜太見ゆ

              (岡崎市)沢 博史

                  (兜太追悼句)

 

    夜桜やふと異次元の客となり

            (武蔵野市)相坂 康

 さくら爛漫を夜も楽しもうと、照明を当てて夜桜にする趣向。どれど

れと夜桜の林に紛れ込むと、満開の桜に一面だけ光が当たり、裏の宵闇

が黒く 沈み込むからか、異次元の世界に迷い込んだ客の一人になりま

した。

                     

    火の匂ひ残る朝風お水取

          (枚方市)中嶋陽太

 昨夜は盛大な火の祭り、二月堂のお水が行われた。一夜明けた今日の

朝風には昨夜の火の匂いがまだ残っている。

 

    園丁のしばらく落花まかせてふ

             (相模原市)石田わたる

 園丁の仕事は庭園をきれいに整理し、清掃することにありで、目はい

つも、園内の汚れを除こうと忙しなく動いている。だが、桜の頃は桜の

落花の清掃をどうしたものかと、思わないでもない。さくらは落ちた花

びらはゴミだ、清掃の対象だとする清潔漢と、落ちた桜は美の対象よ、

そっと、そのままにとする風流漢の二つがいる。肝腎の園丁はどちらか

といえば「落花はそのままさくらに任せておきましょう」でしたよ。

                   

DSC_0137.JPG

    鳥の眼の鋭き気配地虫出づ 

           (岐阜市)花川和久

 そろそろ啓蟄の候か、時ならぬ鳥声が聞こえるのは即、鳥の眼の鋭い

気配を示す。そろそろ地虫が這い出してきた証左。

 

    福島を汚染土の山あざ笑ふ

          (福島縣伊達市)佐藤 茂

 

    春の虹すなわち兜太在る如し

            (秋田市)松井憲一 

                    (兜太追悼句)

 

    涅槃図に兜太の姿でんとあり

            (福岡県鞍手町)松野賢珠 

 今生における金子兜太は、俳諧の世界で、群れを抜く存在として認め

られたが、はて来世においてどうか、涅槃図のいずれに御座すと遠眼鏡

を駆使した賢珠菩薩あり。兜太先生の姿の寝姿、仏のそれに似て涅槃図

の中央にでんと在らしたぞ、と報告し来たる。(兜太追悼句)

 

DSC_0140.JPG

 

 

    春水を待ちゐし鯉や直進す

           (長岡市)内藤 孝

 河の水温が低い冬季には鯉は川の深淵に潜み、じっと動かずにいる。

筑後川で名を挙げた「鯉獲りのまあしゃん」は潜る前に焚火で身体を暖

め、漁舟を淵にこぎ寄せゆるりと潜る。淵には半ばまどろむ巨鯉が潜ん

でおり、まあしゃんはそろりと近づき、暖めた胸を近づけて鯉を抱くよ

うにする。鯉は自ら寄ってくる。それを抱きかかえるようにして急速浮

上、待ち舟に鯉を跳ね上げる。有名な久留米の鯉獲りまあしゃん物語。

 春になれば、鯉は深淵に潜むことはない。春水が流れ来れば、鯉は直

進一途、伸び伸びと。それ以外はなしである。

 

DSC_0133.JPG

 

****************************************************************

                      (2018.5.1)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

383 白梅に我が慟哭や兜太逝く [文芸(短歌・俳句) 時事]

   

   随想コラム「目を光らせて」NO.383朝日歌壇・朝日俳壇

 

      俳壇 期間 2018.3.5~3.26

 

 

           白梅に我が慟哭や兜太逝く

   

      題 : 

      朝日新聞 201.3.19 船橋市)斉木直哉 作

              アオウ ヒコ

 

41-DSC_0025.JPG

      洋画家 青沼茜雲 画伯 の作品集から。 46.

                  「桜と富士と万葉の歌」

         ・イギリス王立美術院名誉会員         

                  ・フランス・サロン・ド・トンヌ会員

                  ・ノーベル ノルウエー財団認定作家

                      ・世界芸術遺産認定作家日展所属

 

           「朝日歌壇・朝日俳壇から

 作品の頭に印が付いている作品は、の政権が推進る前のめり傾化路線

平和憲法を無視し国会の存在をないがしろにするさまを危惧する市民の投稿になる

ものです

 これらの作品は投稿者の真摯な叫びに読者の耳、素直に従うべしとしてコメントは

つけておません。    また、文中敬称は省略しております。(筆者)



  ************************************************************

    朝日俳壇 2018.3.5

                      

1-DSC_0260.JPG

 

 

   爛漫へ梅一輪の序曲かな

           (枚方市)中嶋陽太

 何事も嚆矢をもって始まる。戦場では鳴り響く鏑矢によって、オーケ

 ストラでは慎重きわまる指揮者のタクトの先端のそよぎによって。春爛

 漫の梅林の喜悦も、先導役のこの梅一輪によって始まるのだ。

 

                                                       冬麗や一水流れつつ光る

 

         (熊本市)内藤悦子

 

 間もなく春を迎えようとする冬の川が、天から降るたっぷりの光を浴

 びて流れながら光っておりますよ。なんと優れて美しい冬の眺めである

 ことか

 

   引き鴨に別れ馴染めぬ湖面かな

 

             (松戸市)をがわまなぶ

 

 先導役の鴨に、言い渡された。ここでおしまい、あとは自由にね。こ

 れまでは、先生の言われるがままに従えばよかった。ありがたかった。

  さて、自由な湖面に放されて、食物も自由になさいな、といわれても

 初めてのこの湖面なかなか馴染めぬことですわいな。

 

 

 

   紅の蕾に生るる梅真白

 

          (芦屋市)酒井湧水

 

 紅梅の場合は、蕾も開花しても紅色の花を付けるから、間違えること

 はないが、白梅の場合は蕾の時に紅の表皮に包まれていることがあり、

 開くにつれて純白の花に生まれ変わることがある。それだけに慈しみの

 思いに駆られる

 

 

   難問に挑む鉛筆冴え返る

 

          (神戸市)藤井恵子

 

 卒業試験や入学試験が行われる季節はまだ寒さがぶり返す早春の頃、

 受験生は鉛筆をしっかりと握って難問に立ち向かう。

 

 

 

   暮れて又消したつもりの畦火見に

 

              (姫路市)西村正子

 

 農作業の折、畦で火を使った今日。消したつもりで家に戻ったが、本

 当に消したかどうかを確かめにまた畦火の場所へ出かけた。丹念な農作

 業の主であることよ。

 

 

    兜太選生涯四句温みたり   

 

           (東京都)金子文衛

 

 朝日俳壇に応募し続けた私の生涯。兜太先生に4句だけ、取り上げて 

いただき入選した。いわば、血の温みがこの4句には通ったわけだった。

 

 

 

 **************************************************************** 

                                                                 

       朝日俳壇 2018.3.12

8-DSC_0246.JPG


                                       

     三寒に萎えて四温に励まさる

 

            (吹田市)久留島信子

 

  今年の三寒四温は酷い格差でわれらを痛めつけた。酷い寒威の三寒、

 漸くに緩んだかの四温、これが突拍子もなく高温となったことに救われ

 た感があった。

 

 

 

   水温む日本託せる若人よ

 

          (神戸市)守岡喜惠子

 

 漸くに日本にも春がやってきましたね。これからの日本を託さねばな

 らぬ若人たちよ、春夏秋冬を通して、確りと精進してやってくださいね。

 お頼み申しますよ。

 

 

 

   菜の花を抱へ信濃へ帰りけり

 

            (塩尻市)古厩林生

 

 信濃はまだ冬だった。房総の海へ出かけたついでに、春の花、菜の

 花の黄を見た。菜の花を抱えて信濃へ帰れば、一刻も早く春を信濃に齎

 すかのように思えて。意気揚々と菜の花の切り花を抱えて。

 

 

 

   よちよちの出たがりの靴春の泥

 

            (日光市)土屋恵子

 

 新しい靴を履いて外に出掛けましてね、家に戻ったら春泥てやつを付

 けておりました。

 

 

    たのむべき語り部の葬いぬふぐり

 

              (熊本市)今村榾火

 

 今は亡き石牟礼道子さんの追悼句。惜しい人を亡くした。路傍には犬

 ふぐりの小さな空色の花が満開でした。

 

 

    いつもいつもこぼれてばかり雛あられ

 

              (下田市)森本幸平

 

 雛あられだけじゃありません。なんでもかんでも私の周りはぽろぽろ

 と零れてばかりで、老いの行きつく先の致し方なき行状の数々。

 

 

    入試終る一家寛ぐ夕餉かな

 

          (いずみ市)近藤 遼

 

 入試を控えた子供を持つ家族は、数年かけての準備期間を通じて、ひ

 っそりと静寂と栄養の補給に家族中の協調が期待されている。そして、

 一旦入試が終われば、一家はほっと息をつき、その夕餉を寛ぐ、となる。

 

 

 

     つづく  → NO.383-2

 

 

       

                      (2018.5.1)

 

 

 

 

 

 

 


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

382  ひとりづつ雛飾り行くわが裡に吾娘はいくども幼子となる* [文芸(短歌・俳句) 時事]

                                    

  随想コラム「目を光らせて」NO.382 「朝日歌壇・朝日俳壇から」

 

     歌壇  期間:20105~3.26

 

    

   ひとりづつ雛飾りゆくわが裡に

 

      吾娘はいくども幼子となる

 

  題 目:

  朝日新聞(2018.3.19)(福島市)新妻順子さんの入選作。

            アオウ ヒコ

22-DSC_0044.JPG

         画像:洋画家 青沼茜雲画伯の作品集から。                        

           45.「古代の雄 磐井 像」   

              フランス・サロン・ドトンヌ会員

   

              ノルウエー財団認定作家

       

                 世界芸術遺産認定作家

 

                 日展所属

 

 

 

       「朝日歌壇・朝日俳壇から」 

 朝日新聞の歌壇・俳壇の入選作の中から最近の事象を取上げた

作品を選び筆者コメントを付けています。コメントは文芸上

の範を越えることがあります。作品の頭に付い作品は

時の政権が推進す前のめりの右傾化路線や平和憲法を無視し

国会の存在をないがしろにするさまを危惧する市民の投稿作品

す。これらの作品は、ここでは個々の作品の文芸上の軽重を問う

ことなく、注目すべき最新話題の作品として、そのすべてを採録

しています。これらの作品に対しては、作者真摯な叫びに耳素

直に従うべし、としてコメントはつけておりません。

 また、文中敬称は省略しています。(筆者)

 

      朝日壇 2018.3.05   

30-DSC_0503.JPG

                                                                                                                                                                                                

 

 すいれんの巻葉の紅に日は差して池の底にもうごめくいのち

 

     (松阪市)こやまはつみ

 

 花を愛してやまぬ人。地の上に咲く花だけでなく、水上に浮かぶ睡蓮

 

の巻葉の紅にも目を凝らす。春の日を感じているのだろう。池の底では

 

睡蓮のいのちが動き始めているようだ。

 

 

 相ともに握り合いたる日もありし妻の両の手組み合はされつ

 

        (長野県)  殿内英穂

 

 夫婦としての長い期間中にお互いに手を握り合って歩いたり、過した

 

りしたものだ。だが、妻に先立たれた今、妻の両手は胸の上で組み合わ

 

せられて静かに動かない。ああ、ともに手を握り合う日はもう来ない。

 

 

 あけぼのに一瞬煌めき迫り上がる氷の合掌諏訪湖御神渡り

 

         (碧南市)  鳥谷春江

 

 ここしばらくは暖冬のため諏訪湖の全面結氷は起こらず「御神渡り」

 

忘れられた感があった。しかしこの冬の厳寒は久しぶりに諏訪湖の

 

御神渡が報じられた。その現象を「氷の合掌」という表現を使った歌

 

に初めて出会った。 湖の氷の盛り上がり破裂の現場はもっと荒々し

 

いが、神事というのだから合掌で収斂させたというのであろう。

 

 

 何ごともなかったように日は昇り名護市長選報道される

 

       (横浜市)田中懬義

 

 

 不知火の海は水銀の毒に泣き石牟礼道子を喪いて哭く

 

          (三鷹市)  山室咲子

 

 

 滅びまでたった二分と予測する人類の知は賢く愚か 

                   

      (郡山市) 柴崎 茂

 

 

 捨て雪の山は春には消えてゆく春にも消えぬ核廃棄物

                    

      (村上市) 鈴木 正芳

 

 

 きさらぎの十日夕刊一面で和服に笑ふ石牟礼道子

                     

         (東京都) 荒井 整

 

 

   朝日壇 2018.3.12

31-DSC_0509.JPG

                

 ほんとうに使う気なんだ核兵器を扱いやすい大きさにする

                      

         (千葉市) 佐々俊男

 

 

 湯を注ぎ3分待っているうちに終末時計はあと2分という

 

      (新潟市) 太田千鶴子

 

 

 宰相の夫人の名前今日も読む電光ニュースにパートの帰り

 

         (所沢市) 若山 厳 

 

 

 

  中指と薬指との間から四回転の羽生を見る女

 

      (伊賀市) 上門善和

 フイギュア選手権に出た羽生選手を見ようと集まった観衆たち。彼の

 

四回転の成功と失敗は、嬉しさと恐ろしさの表裏一体。まともに見るの

 

は恐いから、目の前に指を二本翳してその隙間から着氷を見る女性フア

 

ンがいた。ご本人は羽生君を見ず、観客席を観ていたらしい。

 

 

 沖縄の嘆きは深く海濁り儒艮(ジュゴン)は去りて軍船来る

 

      (秋田市) 小松俊文

 

 

 

  人間が槍のごとくに飛んで行くスキージャンプは気を付

 

   をして    (大阪市) 小熊光子

 

 鋭角の斜度を持つ滑走路を腰を低めて滑降りるスキージャンプ。この

 

歌はそれから先を描写している。放たれた槍は高く風に乗せて、水平を

 

維持しながら、馭者は「気を付け」の姿勢を崩さずに着地を完成させる。

 

 

  雪積もり如月の空晴れ渡り雪吊縄のゆるみてうらら

 

     (金沢市)林 英一

 季節外れの雪が積もってはいるが、きさらぎの空は快晴、雪は解けて

 

雪吊縄も緩み、暖かい春の季節になりました。

 

 

 「のさり」とふ受容の言葉哀しけれ水俣に添ひ石牟礼さん

  逝く(さいたま市) 伊達裕子

 二月十日死去した石牟礼道子さんを悼む歌。水俣病を「のさり(天か

らの授かりもの)」として受容する被害者に寄り添ってきた作家。

 水俣病:有機水銀中毒による神経疾患。四肢の感覚障害・運動失調・

言語障害・視野狭窄」・ふるえなどを起こし重傷では死亡する。

 1953年~59年に水俣地方で工場廃液による有機水銀に汚染した魚介

類を食したことにより、集団的に発生した。(広辞苑)

 

 「ああ」という声のしばらく漂いて独り居なれば行き場失う            

     (名古屋市) 山西喜子

 永らくともに過ごした連れ合いが亡くなって、居る人が居ないことに

漸く気付くようになって「ああ」と嘆声を出すと、それは部屋に暫ら

漂い、その声を受け止める人がいないために収蔵する場所がありません。

  小型核開発目指す米国に遠き故郷長崎想ふ

 

     (鳥取市) 石井千代子

 

                 

2-DSC_0249-001.JPG

 

 

   「目を光らせて」NO.382「朝日歌壇・朝日俳壇から」

 

            つづく → NO.382-2                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                              


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

382-2 忘れたら君は二度死ぬ七年を供養のために拾う桜花 [文芸(短歌・俳句) 時事]

 

                           ■                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                               

                        朝日歌 201.319 

26-DSC_0488.JPG